江藤博美のまちレポート

福岡市議会議員 江藤博美(福岡市民クラブ)は福岡市西区や福岡市のまちづくりにむけて”動く・つくる・かえる”

| HOME | まちレポート201304 |

更新日 2017-08-24 | 作成日 2007-10-16

2013年の特徴ある予算を拾ってみました !

いきいきセンターふくおか.png

いきいきセンターふくおか(包括支援センター)の相談業務等運営費に10億1,100万円強

市内39か所のセンターで高齢者の健康、介護に関する相談業務に当たります。

地域住民が意思決定に参画する区役所事業の実施に1,530万円(1区あたり200万円強)

校区をまたがる住民を対象に優先度の高い事業を協議提案してもらい取り組みます。

自治協議会の運営基盤強化に向けた支援としてワークショップ等の実施に210万円

自治協議会単位で課題を絞ってワークショップしながら課題解決に取り組みます。

放課後等の遊び場づくり事業、今期新たに19校開設をめざし計80校で実施。2億5,700万円強

西区では、金武・愛宕・壱岐南・姪浜・西菱・今宿・姪北・城の原・下山門・福重の10校ですでに実施している。

26年4月待機児童0をめざして、1,900人分の保育所整備を予定。38億7,600万円強

西区管内で来年4月開所・定員増を予定している保育所
[新築]
 (伊都区画整理業区域内)健康会120人
 (内浜地域)あすか福祉会120人
[増改築]
  観音寺保育園20人
  成徳保育園30人
  木の実保育園30人
  壱岐保育園30人
  内浜保育園30人

  西区合計380人

買い物弱者支援、空店舗活用の助成などで地域商店街を応援。2,500万円強

国直轄事業の「商店街活力アップ事業」で単年度事業として400万円を限度額に100%支援される。対象は商店連合会などの団体が企画する事業。

特別支援教育支援員の配置を120名から150名に拡大。1億4,100万円強

スクールソーシャルワーカーを10名から12名へ徐々に配置拡大。2億3,000万円強

*スクールソーシャルワーカーとは

  • 学校を拠点に不登校や家庭内暴力などこどもが抱える問題に対し、学校と地域、家庭、病院などとつなぎ役を果たしながら問題解決に当たる専門職。

国史跡 吉武高木遺跡公園整備に5,800万円強

整備スケジュール

平成25年度 芝生広場整備・供用開始
      中央広場、遺稿ゾーンBの基本・実施設計
平成26年度 中央広場、遺稿ゾーンB整備
平成27年度 中央広場供用開始、遺稿ゾーンB整備
平成28年度 遺稿ゾーンB供用開始

遺跡環境整備_写真.png

遺跡環境整備_図.png

大規模スポーツ大会開催・誘致検討、市民参加型フルマラソン等に9,200万円強

地下鉄七隈線延伸事業(博多駅まで)費に27億6,300万円強

平成32年度博多駅延伸直結を予定

生活道路の整備

  • 周船寺有田線橋本西交差点改良工事、舗装、用地補償工事等西区管内8ヶ所余に9億3,000万円弱
  • 周船寺有田線壱岐団地の段差改善等西区管内の交通安全事業12か所余に7億9,000万円
  • 壱岐団地外周路舗装補修等西区管内道路事業10ヶ所余に6億7,500万円強

公共交通バリアフリー化促進事業で「JR下山門駅」のエレベータ設置を予定。5,940万円

生活交通支援事業で金武橋本線など5路線の公共交通空白地の代替交通確保支援に5,400万円強

河川整備の促進で名柄川等西区管内の改修事業に10億円強

名柄川の改修事業費は今年度3,000万円(総事業費は約1億円)27年度終了予定。

下山門団地で補修改善が終了した以外の棟(約770戸)から基本設計に着手。予定通りいけば26年度末着工、早ければ29年春入居予定。約4,700万円

今後、市営住宅の建て替えは古い順に着手していきます。建て替えに伴う空地の活用を検討します。

市営住宅整備事業02.png

黄砂・微粒子状物質(PM2.5)対策、運営情報提供システム構築に1,000万円強

大気汚染02.png

煙霧情報の提供

黄砂情報に加え、平成25年度は PM2.5 の情報提供を開始します。

黄砂の健康影響調査

黄砂モニター による健康影響調査を実施し、被害の実態を把握します。

人・農地プランの取り組みで新規就農促進、担い手育成などに5,000万円弱

松くい虫の防除対策、荒廃森林の再生等に1億7,100円強

漁港・生産基盤の整備、アサリ資源の再生費等に2億9,000万円強

みのりん.png新市場整備(平成27年)に伴い西部青果市場跡地(石丸)の一部を公園緑地化する事業要望の継続を進めます。跡地対策に担当主査が置かれます。

高島市長は、2月中旬という異例の早い時期に2人の副市長の交代を告げました。交代を宣告された山崎・渡邊副市長は高島市長着任とともに市長から選任を受け、2年間新任市長を支えてきました。忠実に市長をサポートしてきた二人が、突然実質更迭されたことは、与野党問わず議会、行政も仰天しました。何の失政があるわけでもないのに今回の両副市長に対する措置は、やはり解せません。「情」の見えないトップリーダーに市役所職員のモチベーションは上がりようがないのではと危惧しています。特に渡邊副市長は行政のトップに立つ地位にあり、今回の、とても禅譲とはいえない事前のネゴシエーションなしの人事は、後に悔いを残すことになりそうです。

カワイイ区やオープントップバス導入のような、見栄えのする先行きの見えない事業に飛びつくトップリーダーが、どこまで市民目線で市政運営を担えるのか!?

今年度も一喜一憂の年になりそうです。

後援会の動き

2013年度後援会総会 〜早春のつどい〜

2月24日に「五福」で後援会総会を行い、150人の会員各位にご出席いただき、今年度の活動予定などを決めました。

まちねっとゴルフコンペ

春・秋2回行います。
春は5月15日(水)の予定です。ご参加いただける方は事務所にご連絡ください。

博多湾一周クルーズ

8月3日(土)にマリエラ号を利用して「博多湾一周クルーズ」を行います。
詳細は次回「まちレポート」でお知らせします。

江藤博美事務所のご案内

〒819-0042
福岡県福岡市西区壱岐団地137-103
(西鉄壱岐営業所前)
TEL:092-811-8181
FAX:092-811-8754
E-mail:eto-h52@cyber.ocn.ne.jpLinkIcon

〈案内図〉はこちらからLinkIcon

江藤博美後援会からのお願い

江藤博美後援会 会員募集中!
年会費は1口1,000円です。
お問い合わせは、電話 092-811-8181までお願いします。

inserted by FC2 system